本文へ移動

本格復旧には時間 豊山下水道 汚水くみ上げ継続

2022年6月7日 16時00分 (6月7日 16時00分更新)

マンホールから汚水をくみ上げる作業員ら=7日午前9時11分、愛知県豊山町で


 愛知県豊山町豊場の下水道で六日午後から汚水が流れなくなっている問題で、現場では七日午前もマンホールから汚水があふれそうな状態が続いた。管理する県は、応急措置としてバキュームカー八台でマンホールから汚水をくみ上げている。豊場地区の住民約六千人には、風呂の水の再利用などで、水の使用量を通常の半分に減らすよう求めている。
 汚水が止まっているのは、同町西端の大山川に近い地点。マンホールが地下十二メートルの下水管とつながっている部分に、逆流を防 ぐ緊急用ゲートがあるが、何らかの原因で閉じたのが原因。開閉するハンドルがマンホール内の九メートル下にあるが水につかったままで操作できず、本格的な復旧には時間がかかりそうだ。
 マンホール内では、ピーク時の六日正午には地表から三十センチに水位が上がった。七日早朝には二・二メートルまで下がったものの、同日午前九時半には再び一・三メートルまで上がった。
 県は近くにある他の二つマンホールからも汚水を吸い上げており、今後はバキュームカーを増やして対応する。
 この下水道は、豊山町内から出る生活排水やし尿などを新川東部浄化センター(同県北名古屋市)に運んでいる。

関連キーワード

おすすめ情報