本文へ移動

見えた課題は、日本DF陣の”緩い”パススピード。切り替えの速いブラジルとの間にまだ大きな差

2022年6月7日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―ブラジル 前半、ネイマール(左)と競り合う伊東。後方は試合を見つめる森保監督

日本―ブラジル 前半、ネイマール(左)と競り合う伊東。後方は試合を見つめる森保監督

 ◇6日 サッカー国際親善試合 日本0-1ブラジル(東京・国立競技場)
 最後はボールロストからのカウンターに沈んだ。後半31分、DFラインから攻撃に転じようとしたその瞬間、伊東と交代でピッチに入ったばかりの堂安がボールを失う。そこからブラジルの波状攻撃が始まり、最後は遠藤がリシャルリソンを倒し、PKを献上してしまった。これをネイマールに決められ、日本は善戦しながら0-1で敗れた。
 ブラジルは相手のミスを見逃さない。戦前、森保監督はブラジルの攻守の切り替えの速さを警戒していた。「ボールを奪った瞬間、即座に奪い返しに来る。ハイプレッシャーをどうかいくぐるか。プレッシャーにあってボールロストか、回避してブラジルゴールに行けるのか。五輪やW杯を戦ってきて、攻守が切り替わったときに食われるか、プレスを回避できるかで、結果が違ってくるという歴史がある」。勝負の分かれ目は、まさにそこにあった。
 勝負にこだわるなら、もっと伊東のプレーを見たかった。球際は強いし、ミスも少ない。長友との右サイドのコンビネーションは、これまでにないものだっただけに、この交代は悔やまれる。
 この日の戦いで、世界のトップと戦うための課題が見えた。GK権田、アンカー遠藤を含めた吉田、板倉、中山、長友といったDF陣のパススピードの緩さだ。ブラジルの選手はキックが正確で強い。ボールを奪った後、素早く安全地帯にボールを運ぶから、日本はプレスバックできなかった。このため、日本の攻撃は単発になってしまう。
 日本はボールを奪った後のパススピードが遅く、もたついているうちにブラジルのプレスバックを食らい、ショートカウンターからの波状攻撃を受けた。中盤の3人とDFライン4人で密集を作ってなんとかしのいできたが、最後はPKで決勝点を奪われた。
 試合後、森保監督は「我慢強く戦い、しっかりチャレンジもした。勝つためにはまだまだクオリティーを上げていかなければならない。ただ、世界と戦っていける、勝っていけるということは証明できたと思う」と振り返った。南野は「成果より課題を感じた。引き分けでも手応えはあったと思うが、失点して負けたことは残念です」と悔やんだ。
 ブラジル代表は韓国戦では遊んでいた。しかし、この日はいらついているシーンも多々見られた。ドイツ、スペインをたたき、W杯カタール大会の1次リーグを勝ち抜くために何が必要なのか。その課題の一つが明確になったという意味で、ブラジル戦は価値ある一戦となった。
 ◆大塚浩雄 東京中日スポーツ編集委員。ドーハの悲劇、94年W杯米国大会、98年W杯フランス大会を現地取材。その後はデスクワークをこなしながら日本代表を追い続け、ついには原稿のネタ作りのため?指導者C級ライセンス取得。40数年前、高校サッカー選手権ベスト16(1回戦突破)。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ