本文へ移動

8回の男・ロドリゲスがタカの4番グラシアルに自己最速タイ160キロ 無失点は7戦連続に【中日】

2022年6月5日 16時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・ロドリゲス

中日・ロドリゲス

◇5日 交流戦 中日ーソフトバンク(バンテリンドームナゴヤ)
 中日のジャリエル・ロドリゲス投手が自己最速タイとなる160キロをマークした。
 2点リードの8回に3番手で登板。先頭・周東を空振り三振、柳田を遊ゴロに封じ込めて2死。4番・グラシアルと対峙(たいじ)した際、内角低めへの初球が160キロをマークした。106ビジョンに球速が表示されると、詰めかけた観客からはどよめきが起こった。その後2ボール1ストライクとなってから、グラシアルには死球を与え、続く中村晃を一飛に仕留め、1イニング無失点でベンチに戻った。
 今季から中継ぎに転向した右腕はこれで7試合連続無失点となった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ