中日マスコットのドアラがパフォーマンス封印…“新型コロナ”で無観客のオープン戦本拠地初戦はガラーン

2020年2月29日 16時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、中日―広島のオープン戦が29日、ナゴヤドームで無観客で開催され、中日の球団マスコットのドアラが7回裏の定番パフォーマンスを封印した。
 中日にとって本拠地でのオープン戦初試合で、例年はドアラがシーズンへ向けた“試運転”を兼ねてバック転などを披露するが、この試合では中日の球団応援歌「燃えよドラゴンズ!」が流されるだけだった。試合前には手持ち無沙汰のドアラが無観客のスタンドを徘徊(はいかい)する姿も見られた。
 7回表には広島の球団歌も流れた。試合は3ー1で中日が勝利した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ