本文へ移動

中日・根尾がナゴヤドームで“初センター”「違和感なく守れました」唯一の打席は投ゴロも外野挑戦は順調

2020年2月29日 19時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表1死、小園の中前打を捕球して返球する根尾

7回表1死、小園の中前打を捕球して返球する根尾

◇29日 オープン戦・中日-広島(ナゴヤドーム)

 外野挑戦中の中日・根尾が7回の守備から出場し、本拠地の中堅に初めてついた。守備機会で飛球はなく、小園と堂林の中前打を無難に処理した。
 シートノックから打球の見え方を確認していたといい「違和感なく守れました。ボールの見え方もよかったと思います」と納得顔。唯一の打席は8回先頭で投ゴロ。これでオープン戦打率は2割5分となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ