本文へ移動

【巨人】佐々木朗希の161キロ打ち先制打!4年目増田陸が右中間に二塁打を放ちガッツポーズ

2022年6月3日 18時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏、先制打を放ち塁上でガッツポーズする巨人・増田陸

2回裏、先制打を放ち塁上でガッツポーズする巨人・増田陸

◇3日 巨人-ロッテ(東京ドーム)
 巨人が、ロッテ・佐々木朗から先制点を奪った。たたき出したのは、4年目の増田陸内野手だ。
 2回、先頭・ポランコが右越え三塁打で出塁した無死三塁。ここで右中間への適時二塁打を放った。全球160キロ超えでカウント3―1となった5球目。外角高め、161キロのストレートを捉え、右中間を破った。二塁に到達すると、うれしそうにガッツポーズした。
 試合前の練習では、バントマシンに対して通常より3メートルほど前に立ち、目慣らしもしていた。試合でも、見事に活躍した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ