本文へ移動

鈴鹿・富士山1号墳、全国的に珍しい形 祭祀の舞台が「後円部」につく

2022年6月3日 05時05分 (6月3日 12時44分更新)
富士山1号墳のイメージ図。祭祀の場の「造出」が後円部にくっついた構造は珍しい

富士山1号墳のイメージ図。祭祀の場の「造出」が後円部にくっついた構造は珍しい

  • 富士山1号墳のイメージ図。祭祀の場の「造出」が後円部にくっついた構造は珍しい
  • 富士山1号墳から出土した埴輪(はにわ)のかけらを見る説明会の参加者=鈴鹿市国分町の市考古博物館で
 鈴鹿市国分町で、市が発掘調査を進めている古墳「富士山(ふじやま)一号墳」が、全国的にも珍しい形をしていることが分かった。市考古博物館で開かれた住民向けの説明会で、市の担当者が明らかにした。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報