本文へ移動

中日2軍が13連敗 根尾2安打&好走塁も、悔しい最後の打者 ブライトは『プロ初安打』

2022年6月2日 16時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏1死一塁、右前打を放ち、送球の間に二塁へ向かう根尾

5回裏1死一塁、右前打を放ち、送球の間に二塁へ向かう根尾

◇2日 ウエスタン・リーグ 中日5―7ソフトバンク(ナゴヤ)
 中日は13連敗となったが、ブライト健太のプロ初安打、根尾の好走塁などで一時は1点差に迫るなど、収穫があった試合だった。
 5点を追う5回無死一、二塁。三好の代打で登場したブライトはソフトバンク2番手の左腕・中道の142キロ直球をはじき返す右前打。これが2軍ながら公式戦初安打となった。その後は三塁へ進み、伊藤の中犠飛でホームを踏んだ。また根尾もこの回に右前打を放ち、送球の間に二塁へ。続く渡辺の右前打で俊足を生かして生還。この回に一挙4点を奪った。
 1軍の根尾は“親子ゲーム"に3試合続けて「2番・遊撃」でフル出場。見逃し三振で最終打者にはなったが、5打数2安打だった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ