本文へ移動

長友佑都、4大会連続の夢舞台へのサバイバルマッチ4連戦「誰よりも強い覚悟がある」【サッカー代表】

2022年5月31日 19時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長友 日本代表合宿

長友 日本代表合宿

 サッカー日本代表は31日、国際親善試合のパラグアイ代表戦(6月2日・札幌ドーム)に向け、札幌市内で約1時間、冷たい雨が降る中で調整した。2002年W杯日韓大会開幕からちょうど20年。主将のDF吉田麻也(33)=サンプドリア=は「20年つないできた日本の歴史をさらに先へつないでいきたい」、DF長友佑都(35)=FC東京=は「日本のサッカーが発展できるように」とカタール大会への決意を新たにした。
   ◇   ◇
 気温11度。凍えるような雨が降る中で、長友は誰よりも熱かった。練習序盤から大きな声を張り上げ、ときに奮い立たせ、ときに笑わせる。W杯のメンバー入りを懸けたサバイバルマッチ4連戦を控え「ライバルがいるからこそ、刺激をもらえて頑張れている。覚悟は変わらない。W杯に対して、誰よりも強い覚悟がある」。4大会連続となる夢舞台へ、寒さを吹き飛ばすほど情熱的だった。
 20年前の記憶は、色鮮やかに刻まれている。テレビの画面越しに躍動する日本代表のプレーを見て、東福岡高のチームメートたちと歓喜を共有すると、おぼろげだった願望は確固たる目標へと昇華した。「東福岡でレギュラーで出られていない選手の心にも火を付ける偉大な大会だった」。夢をもらった側だからこそ、バトンをつなぐ責任の重さを知っている。
 当時、名古屋U―15に所属していた吉田も同じ思いだった。いつもは隣の練習場でトレーニングしているGK楢崎正剛(名古屋)が日韓大会で活躍する姿を見て、「日本代表が目標としてぐっと近づいたことを覚えている。すごく刺激を受けた」
 日本協会への選手登録数は2014年度をピークに減少傾向にあり、国内のサッカー人気は明らかに減退している。ただ、吉田自身はそれすらもW杯の結果にリンクさせ、背負う自覚を持っている。主将を担う大黒柱は「子供たちや次の世代に刺激や憧れを抱いてもらえるようなパフォーマンス、プレーをしないといけない」と殊勝に言った。
 W杯本大会まで約半年。1次リーグのドイツ、スペイン戦を見据え、「(戦い方の)道しるべをいくつも持っておくことが大事になる」と吉田。6月シリーズの4連戦は、重要な試金石となる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ