本文へ移動

対ロシア経済断交「支持が多数」6割 民主主義めぐる世界的年次調査 

2022年5月30日 05時05分 (5月30日 14時59分更新)
 世界約五十の国と地域の市民らに民主主義の現状を尋ねる世界最大の年次調査「民主主義認識指数(DPI)」の二〇二二年版が三十日公表された。六割に当たる日米欧豪など三十一の国と地域で、ウクライナに侵攻したロシアとの「経済的結び付きを断つべきだ」と答えた人が多数を占めた。中国が台湾へ侵攻した場合は、中国と経済的に断交すべきだとの回答も二十六カ国で多数派となった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報