本文へ移動

【インディ500】3度目V狙った佐藤琢磨は25位「もう少しツキがあれば良かった」終盤ギャンブル走行も順位落とす

2022年5月30日 11時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤琢磨(AP)

佐藤琢磨(AP)

◇29日 第106回インディ500(米インディアナポリス)
 3度目の優勝を狙っていたデイルコインの佐藤琢磨(45)は1周遅れの25位に終わった。終盤に燃費走行に切り替えて勝機をうかがうギャンブルに出たが、作戦は実らなかった。
 「われわれにとってはチャレンジングなレースになった。スピードはあったので、もう少しツキがあれば良かった」。4列目の10番手からスタート。13番手だった終盤にフルコースコーションが入ることを願って燃料をセーブする戦略を採ったが、残り7周で再給油せざるを得ず、順位を落とした。
 元F1ドライバーでチップガナシのマーカス・エリクソン(スウェーデン)がインディ500初勝利を果たした。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ