本文へ移動

【F1モナコGP】2度の赤旗で大混乱 ミック・シューマッハーのマシンが大クラッシュで真っ二つに[第7戦決勝]

2022年5月30日 00時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大クラッシュしたミック・シューマッハーのマシン(AP)

大クラッシュしたミック・シューマッハーのマシン(AP)

◇29日 F1第7戦モナコGP(モンテカルロ市街地コース)
 F1第7戦モナコGP決勝は、赤旗で2度も中断するなど混乱気味の展開となった。雨でスタートが遅れ、まずはセーフティカー先導でフォーメーションスタートが始まったものの、雨脚が強まり、1回目の赤旗中断に。その後、日本時間午後11時6分にセーフティカー先導でレースが再開した。
 スタート時は全車ウエットタイヤを装着していたが、雨が止んで徐々に路面が乾きだしたことでドライタイヤへ交換するマシンが続出した。
 2度目の赤旗中断となったのは25周目過ぎ。ハースのミック・シューマッハー(ドイツ)が後半のプールシケイン手前で単独スピンを喫し、路肩のバリアーに激しく突っ込んでマシンが真っ二つに割れる大クラッシュに発展した。ミックは自力で脱出して大きなけがはなかったもようだ。
 すでに最初のスタート予定時刻から2時間以上が経過。長丁場のレースとなった。レースが再開する前のトップはレッドブルのセルジオ・ペレス。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ