本文へ移動

【スーパーGT】GT300は荒/近藤組がポールtoウインでチームに初勝利もらたす!

2022年5月30日 10時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
勝利を喜ぶ荒聖治(左)と近藤翼=鈴鹿サーキットで

勝利を喜ぶ荒聖治(左)と近藤翼=鈴鹿サーキットで

第3戦▽決勝▽29日▽三重県・鈴鹿サーキット
 GT300は、BMWスタディの荒聖治(48)/近藤翼(33)組(BMW M4)が、ポールtoウインでチームに初優勝をもたらした。
【写真】GT300はBMWスタディ
◇  ◇  ◇
 完璧な戦いだった。繰り上げポールからスタートしたスタディが、前半を担当した荒も、後半の近藤も、その座を脅かされることなくゴールまで駆け抜けた。
 GT500では4勝を挙げている大ベテランの荒は、「実はGT300の初勝利。2014年からスタディにお世話になって2位や3位ばかり。やっと恩返しできた」と胸をなで下ろした。2位が3回で、3位は4回という嫌な流れをようやく断ち切った。
 今年は車両が新型のBMW M4になり、タイヤもミシュランに変更。全くデータがない状況からのスタートで、最初は苦戦したという。「3戦目になって、ようやくクルマとタイヤが良いコンビネーションで走れた」と満足そうだ。
 本来の同僚はアウグスト・ファルフスだが、BMWのワークスドライバーとしてニュルブルクリンク24時間に参戦。今回は第3ドライバーの近藤がステリングを握った。「タイヤもクルマもすごく良く、後ろを見ながらペースをコントロールできた」と完勝を喜んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ