本文へ移動

【日本ダービー】馬主キーファーズ松島代表が武豊との制覇に感激 凱旋門賞「行きます。友道師にお任せして」

2022年5月29日 18時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キーファーズの松島正昭代表

キーファーズの松島正昭代表

◇29日 第89回日本ダービー(G1・東京・芝2400メートル)
 日本ダービーを制したドウデュースの馬主、キーファーズは2020年のマイラプソディ(9着)以来、2度目のダービー挑戦で栄光をつかみ取った。松島正昭代表は「すごかったです。なんというか本当にこんなことあるのかって思います。びっくりしました。すごいドラマ。明日から楽しくなりますね」と感激しきりだった。
 前回のダービーはコロナ禍で無観客だったことで今回が初の現地観戦。「4コーナーの真ん中くらいで勝ったと思いました。(武豊騎手の手綱さばきが)大好きですから。大ファンですから信じていました。ダービーを勝つのが、こんなにすごいと思わなかった。G1を武豊君で勝てて夢みたいです」と振り返ると、登録している凱旋門賞については「行きます。やっとスタートラインに立てました。ドラマがありますよね。友道調教師にお任せして、どこでも行きます。絶対に行きます」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ