本文へ移動

【ヤクルト】石川5イニング1失点 打線援護なく3敗目で通算180勝お預け 高津監督は「さすが」

2022年5月29日 18時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト石川

ヤクルト石川

◇29日 楽天3―1ヤクルト(楽天生命パーク宮城)
 ヤクルトの先発・石川雅規投手は5イニングを3安打1失点(自責0)としたが、打線の援護がなく今季3敗目。通算180勝目はまたもお預けとなり、交流戦単独最多となる通算27勝目も持ち越しとなった。初回に味方の失策が絡んで先制を許したが、その後は再三走者を背負いながらも要所を締めた。
高津臣吾監督はベテラン左腕の投球を「粘るところが持ち味。ちょっとバタバタしたが、よくあそこまで1点でいけた。さすがだなと思います」と評価した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ