本文へ移動

【中日】根尾昂また投げた!最速は前回と同じ150キロ ヒットを1本許すも1イニング無失点

2022年5月29日 15時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回に登板した中日・根尾

8回に登板した中日・根尾

◇29日 交流戦 オリックス-中日(京セラドーム大阪)
 中日の根尾昂外野手が、2試合目の登板を果たした。8点ビハインドの8回、三塁ベンチから小走りでマウンドへ向かうと、竜党だけでなくオリックスファンからも大きな拍手で迎えられた。
 根尾は、まず小田と対戦。初球は147キロを計測し、2球目はスライダー、3球目の145キロ速球で中飛に仕留めた。続く宗にはカウント2ボール1ストライクから速球で二ゴロ。続く宜保には右前打を献上したが、マッカーシーを中飛に仕留めた。最速は150キロだった。
 根尾は21日の広島戦(マツダ)で投手デビュー。8回の1イニングを1安打無失点で、最速150キロをマークした。直後の9回には、そのまま打席に立った。投球について「素直に抑えられて嬉しいです。どんどんストライクを取っていこうと思いました」と振り返っていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ