本文へ移動

【オリックス】太田椋、2回に追加点の適時二塁打「良い感触で打つことができた」

2022年5月29日 14時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・太田椋

オリックス・太田椋

◇29日 オリックス―中日(京セラドーム大阪)
 オリックスの太田椋内野手(21)が追加点をたたき出した。2回に伏見の投ゴロが野選となって1点を加えたあと、なおも1死一塁。外角高め直球を右中間へ適時二塁打した。
 「打ったのは真っすぐです。良い感触で打つことができました! 1点入ったあとでしたし、何とか自分も続いていけるように、後ろにつないでいくことを考えて打席に入っていたので、タイムリーになってくれて良かったです!」
 開幕直後は不振のうえ新型コロナウイルス感染の陽性判定が出て、一時は離脱。復帰しても、1軍に定着できず、さらに2度も登録抹消があった。大城の故障があって今回の中日3連戦から再登録され、27日は大野雄から二塁打を放っており、状態は上向きつつある。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ