本文へ移動

【オリックス】中川圭太が先取点のタイムリー内野安打 「どんな形でもいいので先に点を取りたいと」

2022年5月29日 14時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・中川圭

オリックス・中川圭

◇29日 オリックス―中日(京セラドーム大阪)
 オリックスの中川圭太内野手が先取点をもたらした。1回、福田が死球で出塁すると、宗が中前安打で続いて無死一、三塁。ここで中川圭がフルカウントからのカーブをとらえると、ボテボテの三塁前へのゴロがタイムリー内野安打となった。
 「チャンスの場面でしたし、どんな形でもいいので先に点を取りたいと思っていたので、先制点につながってくれて良かったです!」
 今季スタメン出場時はほぼクリーンアップを任されており、前日(28日)の同カードから「3番」。左太もも裏を痛めて離脱している主砲の吉田正が25打点。中川圭はチーム2位の13打点目を挙げた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ