本文へ移動

落合博満さん、中日・根尾昂の二刀流に「どっちつかず…やるんであれば原則パ・リーグですよ」と私見を述べる

2022年5月29日 09時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
21日の広島戦で二刀流解禁した根尾昂

21日の広島戦で二刀流解禁した根尾昂

 現役時代に三冠王3回、監督として中日を日本一に導いた落合博満さんが29日、TBS系情報番組「サンデーモーニング」のスポーツコーナー「週刊御意見番」に生出演。“二刀流”として注目される中日・根尾昂選手について「どっちつかずになっちゃうんじゃないか」などと持論を展開した。
 25日の交流戦ヤクルト戦で8番投手として出場した日本ハムの上原健太投手の二刀流が紹介された後、司会の関口宏からコメントを求められた落合さんは「明治大学の時からバッティングが良かった。(あとは)球団次第でしょ。球団がやってもいいよと言わない限りは、いくら本人がやりたいと言ってもおいそれとは」と発言。続けて根尾について問われると「いやあ、どうなんですかね」と苦笑い。「どっちつかずになっちゃうんじゃないですかね」と続けた。関口が「(二刀流が増えたのはエンゼルス)大谷さんの影響大きいね」と発言すると「それは大きいと思います」と答え、共演した中畑清さんが「比べるところが違う。(大谷は)世界ナンバーワンですから。資質が違う」と重ねた。
 落合さんは加えて「二刀流やるんであれば原則パ・リーグですよ。DHがあるから。野球は4番ピッチャーというのが一番のメインですから。プロに入ってどちらかを選択しなければならないという時代でしたから」とこの話題を締めくくった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ