本文へ移動

小泉里子、ドバイから一時帰国の目的は「2人目の不妊治療」「残念ながら今回は…」それでも前向きに『妊活』

2022年5月28日 21時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小泉里子

小泉里子

 モデルの小泉里子(40)が28日、自身のインスタグラムを更新。移住先のドバイから帰国し、日本に3カ月滞在した目的が不妊治療だったことを打ち明けた。
 小泉は「3カ月の日本滞在からやーっと、ドバイに帰ってきました」と報告した上で「帰国のメインは、凍結胚を移植し2人目の不妊治療でした」と告白。そして「残念ながら今回は着床せず、新たな受精卵も十分に成長せず 凍結胚もなくなり また振り出しに戻ったけど でも、前向きにまた治療に励みます」とつづった。
 さらに「不妊治療は、うまくいかないことだらけ。息子の時も2年半の不妊治療でしたが そりゃ落ち込む時もあるけど そんな気持ちで長く過ごしてられないし、前を向かないと赤ちゃんはやって来ないし、なので切り替えはめちゃくちゃ早い私です」と記し「ドバイへ妊婦で戻ってくる予定でしたが予定変更になったので それはそれとしてドバイ生活を楽しみますよ」とポジティブに書き込んだ。
 この投稿に対して「私も不妊治療中で、来月初めての体外受精をします。年齢も今年40歳になります。不安がいっぱいでしたけど、勇気もらいました」「2人目をなかなか授かることができないので、不妊治療にチャレンジします。里子さんの投稿で勇気もらえました」など、同じ治療中の女性から多くのコメントが寄せられた。
 小泉は女性ファッション誌のモデルとして活躍し、2020年に再婚と妊娠、21年2月に第1子出産を報告した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ