本文へ移動

【中日】高松、8回代走出場で勝ち越しホームイン 左翼の前進守備なんのヘッスラ生還

2022年5月28日 18時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表2死一、二塁、三ツ俣の左前適時打で生還する二走の代走高松

8回表2死一、二塁、三ツ俣の左前適時打で生還する二走の代走高松

◇28日 交流戦 オリックス1―4中日(京セラドーム大阪)
 代走で途中出場した中日の高松が勝ち越しの本塁を踏み、しっかり役目を果たした。
 8回1死から桂が二塁内野安打で出塁。その代走で登場すると、続く岡林の四球で二塁に進むと、2死一、二塁から三ツ俣の左前打で一気に三塁を回り、ホームへヘッドスライディングで生還した。前進守備だった左翼の返球も間に合わないほどの力走に「代走の仕事ができてよかったです」と爽やかに振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ