本文へ移動

「今の打ち方だと…」2打席連続アーチの清宮幸太郎に新庄剛志監督『あえて』注文【日本ハム】

2022年5月28日 18時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2打席連続本塁打を放った清宮(手前)を迎える新庄監督

2打席連続本塁打を放った清宮(手前)を迎える新庄監督

◇28日 交流戦 日本ハム4―8巨人(札幌ドーム)
 日本ハムの新庄剛志監督は試合後、2打席連続本塁打を放った清宮幸太郎内野手を「びっくりした。もう1本くらいいくんじゃないかという雰囲気を打席で感じた」と褒めちぎった。特に初球のを完璧に捉えた2発目を評価し「試合前にもう1回、初球の甘い球をガンガンいこうと、林ヘッドコーチを通じて伝えていた。それが根っこにあった」と語った。
 一方で注文も付けた。「今の打ち方だと、シューメーカーよりもう一段階速いボールはファウルやフライになる。そういう打ち方」とビッグボス。清宮には150キロ超の速球を打ち返せるようなスイングを身に付けてほしい―。潜在能力を認めるからこそ、レベルの高い要求をした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ