本文へ移動

【グランパス】GK武田が緊急出場 セーブとロングパスで存在感「やれることをやるだけだった」

2022年5月28日 17時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島―名古屋 後半、シュートをセーブする名古屋・GK武田

広島―名古屋 後半、シュートをセーブする名古屋・GK武田

◇28日 J1第16節 広島1―0名古屋(エディオンスタジアム広島)
 名古屋は前半9分の正GKランゲラックの負傷退場というアクシデントに、GK武田が緊急出動した。安定したセービング、前線を狙ったロングキックなど持ち味を発揮したが、後半13分のFKを直接沈められ「(壁で)見えていない分反応が遅れた。縦回転も鋭かった」と悔しがった。
 リーグ戦は2019年8月30日のFC東京戦(パロマ瑞穂)に途中出場して以来。ランゲラックの右脚負傷による出番となり「急だったので、まず(試合に)集中できるように入ったが、ああいうときは難しい。言い訳はできない状況なので、やれることをやるだけだった」と振り返った。
 「2トップの連係があり、ドリブルで打開する選手もいるので厄介な相手だった」としつつも、流れの中での失点は防いだ。リーグ戦は日本代表活動などに伴い、6月18日の浦和戦(埼スタ)まで中断となるが、名古屋はその間に天皇杯、ルヴァン杯を戦う。「絶対タイトルを取りたい。(普段は)出られない選手も出番がある。いい競争ができれば」と闘志を燃やした。
 クラブによると、ランゲラックは名古屋に戻って診断を受ける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ