本文へ移動

【中日】山本由伸打ち!三ツ俣大樹が8回に勝ち越しタイムリー!粘って9球目のカーブを左前打

2022年5月28日 16時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表2死一、二塁、三ツ俣が左前適時打を放つ

8回表2死一、二塁、三ツ俣が左前適時打を放つ

◇28日 交流戦 オリックス―中日(京セラドーム大阪)
 中日の三ツ俣大樹内野手が8回に勝ち越しの適時打を放った。に安打と四球などで2死一、二塁の場面で打席が回ると、力投を続けていたオリックスの先発・山本に対し、フルカウントからファウルで3球粘った後に9球目のカーブを左前に運んだ。
 前日に行われた同じカードでも適時打を放ち、この日は「2番・遊撃」で交流戦初のスタメン起用。古巣相手に2日連続で活躍した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ