本文へ移動

腰に不安の大谷翔平、28日に菊池雄星との対決は実現するか 指揮官は「これから確認する」

2022年5月28日 15時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷(AP)

エンゼルス・大谷(AP)

◇27日(日本時間28日) 大リーグ エンゼルス3-4ブルージェイズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は27日、前日の登板で腰に張りが出た影響でスタメンを外れ、9回に代打で登場し、空振り三振だった。1打数無安打。チームは3-4で敗れ、3連敗となった。
 1点を追う9回1死。ベンチから主役がネクストバッターズサークルに向かうと、ファンから大歓声に包まれた。2死後、大谷の名前がコールされて打席に向かった時は「MVP」コールの大合唱。スタンディングオベーションも起きた。
 相手のブルージェイズは長打警戒で外野を4人する奇策に出た。そのシフト網を破る一発を期待するファンのボルテージは最高潮に達したが、結果は空振り三振。高めの真っ直ぐにバットは空を切り、最後の打者となった。熱狂の声はため息に変わった。
 試合後、マドン監督は腰に不安を抱える大谷が28日のブルージェイズ戦に出場する可能性について「これから確認する」と話すにとどめた。同日の相手先発は岩手・花巻東高の先輩でもある菊池雄星。メジャーでの対戦成績は通算12打数4安打、2本塁打と相性がいいが、首脳陣はどのような判断を下すか。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ