本文へ移動

J1名古屋、前半9分に守護神ランゲラックが負傷交代する非常事態!広島のFKで右脚を強く踏み込み痛めたか

2022年5月28日 14時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島―名古屋 前半、負傷し座り込む名古屋・GKランゲラック(中央)

広島―名古屋 前半、負傷し座り込む名古屋・GKランゲラック(中央)

◇28日 J1第16節 広島―名古屋(エディオンスタジアム広島)
 4連勝を目指すグランパスを、開始早々にアクシデントが襲った。GKランゲラックが右脚を痛め、前半9分に武田洋平と交代した。
 交代の直前は、広島の右FK。直接ゴールを狙ったシュートをランゲラックが弾いたところ、広島のMF柏好文がヘディングで詰めてきた。この際に、ランゲラックが右脚を強く踏み込み、プレーが途切れた後に、引きずるようにしてピッチを退いた。
 ランゲラックは、昨季のJリーグベストイレブンGK。今季も、ルヴァン杯の1試合を除く全リーグ、ルヴァン杯の試合で、ゴールマウスを守っていた。2019年9月13日清水戦(アイスタ)から続いていたリーグ戦フル出場も途絶えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ