本文へ移動

【MLB】大谷翔平は腰の張りでベンチスタート 球団トレーナー「代打での出場は可能」

2022年5月28日 09時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルスの大谷翔平(AP)

エンゼルスの大谷翔平(AP)

◇27日(日本時間28日) エンゼルス-ブルージェイズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は27日、ブルージェイズ戦の先発を外れた。前日の登板で腰の張りを訴え、途中交代していた。フロスタッド・トレーナーが試合前に取材に応じ、「腰の状態は良くなっているし、心配していた構造的な問題もない。本人も昨日よりいいと感じている。ベンチで待機して、代打での出場は可能だ」と説明した。
 次回先発に影響が出るかとの質問には「次の登板に支障があるとは思わない」との見解を述べた。マッサージやストレッチなど通常のケアをしているという。
 マドン監督は「前夜より少しよくなっているようだ。今日の状態など様子を見ながら、明日プレーできるかどうか、見極めたい」と話した。
 大谷はスタメンを外れるのは今季3度目。4月28日に休養で欠場。5月1日の走塁中に股関節を痛めて翌日に先発落ちした。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ