本文へ移動

松岡昌宏「家政夫のミタゾノ」が舞台に降臨! 知って得する家事ワザも生披露 11月に東京・六本木で

2022年5月28日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
家政夫・ミタゾノを演じるTOKIOの松岡昌宏

家政夫・ミタゾノを演じるTOKIOの松岡昌宏

 TOKIOの松岡昌宏(45)が主演する人気ドラマシリーズ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)が舞台化される。27日深夜に放送されたドラマの中で発表された。舞台「家政夫のミタゾノ THE STAGE ~お寺座の怪人~」は11月17日から27日まで東京・EXシアター六本木で上演される。
 ドラマは女装した大柄な家政夫・三田園薫(松岡)が、派遣された家庭の内情をのぞき見して“根深い汚れ”をスッキリと落としていく痛快ストーリー。2016年スタートして深夜帯で異例の高視聴率を記録し、現在は第5シリーズが放送されている。
 「シーズン3のときにプロデューサーさんに『舞台をやりたいね』という会話をしていたので、それが形になってうれしいです」と舞台裏を明かした松岡。名作「オペラ座の怪人」をもじった“お寺座の怪人”というサブタイトルに「いつものミタゾノのようにふざけた感じで入っていますが、映像とはまた違った形の舞台ならではの“生のミタゾノ”を楽しんでいただけたら」とアピール。ファンに向けて「痛み入ります」とドラマの決めぜりふで感謝した。
 今回の舞台では、由緒ある寺で祝賀行事が終わるまで家事手伝いをすることになった三田園たちが、住職と家族の裏顔をのぞいてしまう。寺の利権を巡る継承者争いが勃発し、家出していた息子が謎の婚約者を連れて帰宅する。さらに寺に代々伝わる“お寺座の怪人”が現れる…というストーリー。知って得する家事ワザを松岡が観客の前で生披露するなど、舞台ならではの“ミタゾノワールド”も見どころだ。
 三田園の新しい相棒となるヒロイン・穴井仁奈(通称アニー)を女優の矢作穂香(25)が演じるほか、原嘉孝(26)や六角精児(59)ら舞台版の新キャストも登場。しゅはまはるみ(47)、平田敦子(58)、余貴美子(66)らドラマのレギュラー陣も出演する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ