本文へ移動

【阪神】佐藤輝、土俵際で値千金決勝ソロ、1年ぶり対決の佐々木朗には脱帽「もう全然違うピッチャー」

2022年5月27日 22時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表1死、中越えにソロを放った阪神・佐藤輝(右)

9回表1死、中越えにソロを放った阪神・佐藤輝(右)

◇27日 ロッテ0-1阪神(ZOZOマリン)
 度肝を抜く怪物は、阪神にもいた。両チーム無得点の9回1死、フルカウントから佐藤輝がすくい上げたのは、ロッテ・益田のワンバウンドしそうな変化球。「食らいついた結果です」。打球は高く舞い、中堅のフェンスを越えた。
 土俵際で値千金の11号決勝ソロ。それまではブレーキになっていた。昨年の交流戦で2打数1安打1打点だった佐々木朗に3打数無安打、2三振とひねられていた。
 「もう全然(昨年と)違うピッチャーで。真っすぐ、フォーク…すごいピッチャーでした」
 4回には走塁ミスも。1死三塁で二ゴロを打ち、三走が三本間で挟まれる間に二塁に到達。その二塁も回って三塁へ向かってしまい、三走の挟殺後、転送されて自らも挟殺され併殺となった。試合後は「次はアウトにならないようにやっていきたいです」と反省。負ければ責められかねない崖っぷちでヒーローになった。
 「長打を打てるのが僕に求められていることだと思うので、しっかり振っていきたいと思います」。どんなに悪い流れも、一振りで変える力を示した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ