本文へ移動

ロッテ佐々木朗希「ひどかった」激辛の自己採点「球威とかあまり良くなかった」次回は巨人戦

2022年5月27日 21時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神戦に先発したロッテ・佐々木朗

阪神戦に先発したロッテ・佐々木朗

◇27日 ロッテ0-1阪神(ZOZOマリン)
 ロッテの佐々木朗希投手は6イニングを4安打、無四球、7三振の無失点。勝ち負けはつかず、リーグ単独トップの6勝目はお預けとなった。
 「点を与えずに6回まで投げられたこと自体は良かったと思います」と言いつつも、「コントロールもそうですし(打者の)手元での強さだったり、球威とかはあまり良くなかった。自分の思うようなボールが投げられなかったりだとか、質的にはひどかったと思います」と自己評価は散々だった。
 球速は自己最速の164キロに迫る163キロを記録したが、左打者に対して得意の直球が外角に抜けるシーンが目立った。「今回はなかなか修正できなかったので、しっかりコンディションを整えて次回に向かいたい」。6月3日の巨人戦(東京ドーム)で勝ち星を目指す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ