本文へ移動

【ロッテ】荻野が「2番・左翼」で今季初スタメン 「塁に出て足も使っていける」井口監督チーム浮上への起爆剤期待

2022年5月27日 17時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・荻野貴司

ロッテ・荻野貴司

◇27日 ロッテ-阪神(ZOZOマリン)
 ロッテの荻野貴司外野手が出場選手登録され、「2番・左翼」で今季初のスタメン起用された。
 盗塁王と最多安打のタイトルを昨季獲得した荻野は今季、コンディション不良で出遅れ、4月には脇腹を負傷。その後、イースタン・リーグで出場10試合で打率4割8分1厘と打ちまくり、1軍復帰を果たした。
 井口資仁監督は「荻野は常に(塁に)出る選手なのでね。その辺、足も使っていける」と現状5位のチーム浮上へ期待を寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ