本文へ移動

【MLB】大谷翔平は3敗目、10奪三振奪うも6イニング5失点 バットも不発で3試合連続無安打

2022年5月27日 13時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3敗目を喫した大谷翔平(AP)

3敗目を喫した大谷翔平(AP)

◇26日(日本時間27日) 大リーグ エンゼルス3-6ブルージェイズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平投手(27)がブルージェイズ戦に「3番・DH兼投手」で投打の二刀流で出場。1回に先頭打者本塁打を浴びて先制点を許したほか、6回には昨季本塁打王を争ったゲレロからも5失点目となる左翼ポール直撃のソロ本塁打を打たれた。6回を被安打6の5失点、10奪三振で今季3敗目(3勝)を喫した。自身の黒星は4月14日のレンジャーズ戦以来。5失点以上も、その試合以来、今季2度目で、その時は6失点した。
 打撃では、四球、二ゴロ(打点1)、空振り三振で2打数無安打。4打席目に代打を送られた。先発出場した試合でフル出場しなかったのは今季3度目。これで3試合連続で無安打となった。
 2点を追う6回にとどめを刺された。先頭でゲレロに2球続けて投げたカーブを捉えられ、左翼ポールにぶち当たる9号ソロを打たれた。それまでの2打席は左飛、見逃し三振に沈めていた。
 1回にはいきなり先頭打者アーチを打たれた。被弾するのはメジャーでは自身4度目。1番のスプリンガーを打席に迎え、フルカウントからの8球目、外角低めへの156キロのフォーシームを中越えに運ばれた。
 3回には1死一、二塁打エスピナルの中前適時打で追加点を与えた。続くゲレロを見逃し三振に仕留めたものの、ビシェットに左中間に2点二塁打を運ばれた。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ