本文へ移動

【中日】木下、勝負強い打撃で“存在感”「阿部さんが良い流れを作ってくれました」得点圏打率3割8分2厘

2022年5月26日 22時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏2死一、三塁、木下が右前に適時打を放つ

4回裏2死一、三塁、木下が右前に適時打を放つ

◇26日 中日6-3西武(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の木下拓哉捕手は3試合連続安打となる適時打を放った。4回、阿部の適時打で1点を先制した直後の2死一、三塁。追い込まれながら先発・隅田の内角低めの直球をしぶとく右前にはじき返し「阿部さんが良い流れを作ってくれました」とコメントした。これで得点圏は34打数13安打で打率3割8分2厘。扇の要としてだけでなく、持ち前の勝負強い打撃でも存在感を発揮した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ