本文へ移動

「ここまで抑えたのがすごかった」高津監督が開幕から無失点記録途切れた守護神・マクガフをかばう【ヤクルト】

2022年5月26日 22時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表無死、打者アルカンタラ(右)に同点ソロを浴びるヤクルト・マクガフ

9回表無死、打者アルカンタラ(右)に同点ソロを浴びるヤクルト・マクガフ

◇26日 ヤクルト6-9日本ハム(神宮)
 救援陣が崩れた。ヤクルトは2点リードの9回に守護神・マクガフが先頭から2者連続被弾。開幕から無失点を誇っていた右腕が試合を振り出しに戻されると、延長10回には木沢とコールが計4失点とまさかの乱調が続いた。
 打線は1点を追う4回に昨季の交流戦で投手2冠の日本ハム先発・伊藤から一挙3得点。セーフティースクイズなど硬軟織り交ぜた波状攻撃で押せ押せムードだった。しかし、勝ちパターンは最後に崩壊した。
 12球団唯一の交流戦3連勝を手のひらから落とした高津監督は「スコット(マクガフ)は、きょう打たれたのが駄目なわけじゃなくて、ここまで抑えたのがすごかった。また明日から頑張ってくれると信じます」と強調した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ