本文へ移動

【巨人】原監督が背信のエース菅野に苦言「内容がちょっと悪すぎましたね」同一カード3連勝逃す

2022年5月26日 22時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏終了、投手交代を告げる巨人・原監督

6回裏終了、投手交代を告げる巨人・原監督

◇26日 巨人2-3オリックス(東京ドーム)
 巨人はリーグ最多タイの5勝を挙げているエース菅野で落とし、同一カード3連勝を逃した。初回から失点を重ねた右腕に原監督は「よく3失点で抑えたなという、内容がちょっと悪すぎましたね」と厳しく評した。
 初回に連続内野安打と犠打で1死二、三塁といきなりのピンチ。中川圭にはフルカウントから6球ファウルで粘られた末に左犠飛で先制を許した。桑田投手チーフコーチは「立ち上がりはどのピッチャーも何年やっても難しい」とかばったが、2回以降も5回まで毎回先頭打者を出し、3回には無安打で、5回にも犠飛で失点。原監督は「リズムがなかなかこっちのリズムにならなかったね。それでいいんじゃない?」と振り返った。
 菅野は「コンディションを整えて次の登板に向けて頑張ります」とコメント。桑田コーチも「シーズンずっと調子良いということはない。僕の経験からも年間5、6試合そういう試合がある。そういう時にいかに粘れるかが大事。よく3点でしのいだなと思う」とエースに信頼を寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ