本文へ移動

北山3度目の正直!新庄監ビッグボス交流戦初勝利に”喜び七変化”【日本ハム】

2022年5月26日 22時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表無死、アルカンタラが同点ソロを放ち、客席に向かって喜ぶ日本ハム・新庄監督(中央)

9回表無死、アルカンタラが同点ソロを放ち、客席に向かって喜ぶ日本ハム・新庄監督(中央)

◇26日 ヤクルト6-9日本ハム(神宮)
 土俵際で驚異の粘りを見せた日本ハムが延長戦を制し、新庄剛志監督は交流戦初勝利を挙げた。
 ビッグボスの”歓喜の七変化”が神宮で展開された。初回に松本剛の先制の超低空弾が左翼席に突き刺さると、現実を信じられないビッグボスは両手を広げて”Why?”のポーズ。2点を追う9回にヤクルトの守護神マクガフから万波とアルカンタラの連続本塁打で追いつくと、ビッグボスもベンチ前でバンザイで喜びを爆発させた。
 延長10回に途中出場の清宮が先頭打者として四球で出塁し、代走の中島がすかさず二盗に成功。松本剛の右前打で無死一、三塁と好機を広げ、続く野村への初球が暴投となり、勝ち越しの1点を奪った。さらに万波の”技あり”左翼線二塁打で加点。ビッグボスは再びバンザイ。アルカンタラのトドメの2打席連続弾が飛び出すと、今度は両コブシを突き上げて歓喜の雄たけびだ。
 4点リードの10回裏は24日と25日に2試合連続サヨナラ被弾のルーキー北山が締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ