本文へ移動

【中日】鵜飼航丞、4点目を奪う適時打で復帰後3試合連続打点マーク「ランナーをかえせて良かった」

2022年5月26日 20時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏1死三塁、鵜飼が左前に適時打を放つ

5回裏1死三塁、鵜飼が左前に適時打を放つ

◇26日 中日-西武(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の鵜飼航丞外野手が復帰後3試合連続打点をマークした。3番に起用された鵜飼は2点リードの5回1死三塁で打席に入り、西武・宮川の146キロに詰まりながらも三遊間を破る左前適時打。「打ったのはストレートです。ランナーをかえすことができて良かったです」とコメントした。
 新型コロナウイルス感染で離脱していた鵜飼は24日に本塁打、25日に犠飛を放っており、復帰した24日からの西武3連戦全てで打点をマーク。離脱前の8日の阪神戦を含めると、出場4試合連続打点となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ