本文へ移動

【スーパーGT】第3戦あす開幕!! 鈴鹿4連勝へ挑むニスモ 日産「新型Z」好調キープ!

2022年5月27日 10時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴鹿4連勝に挑むニスモの松田次生がドライブする日産Z

鈴鹿4連勝に挑むニスモの松田次生がドライブする日産Z

 スーパーGTの第3戦「たかのこのホテル SUZUKA GT 300㎞ RACE」(29日決勝)が、三重県の鈴鹿サーキットで開かれる。GT500クラスは開幕2戦を終え、ともに3メーカーの車両が表彰台を分け合い、トヨタGRスープラ、ホンダNSX、日産Zの実力が拮抗(きっこう)する状況だ。ただ、鈴鹿ではニスモの松田次生(42)/ロニー・クインタレッリ(42)組が2020年の第3戦から連勝中。クルマはZに替わったものの戦闘力は上々だ。同一サーキットの4連勝に挑む。
【画像】スーパーGT第3戦スケジュール
◇  ◇  ◇
 “大好物”の鈴鹿を迎えたニスモの2人に、自然と力が入る。2020年の第3、6戦に競り勝って、昨年の第3戦も制覇。車両は今季からZに替わったものの、事前のタイヤメーカーテストで好感触をつかんでいる。三重県桑名市出身の松田にとって、鈴鹿は慣れ親しんだホームコースだ。「クルマはZに替わったけど、ここまでの調子も良い。鈴鹿は地元ですからね。いい走りをしたい」。家族や古くからの友人が数多く応援に駆けつけてくれるところで、再びの快走を思い描く。
 それでも同一選手による同一コースの連勝には慎重だ。「4連勝がかかっているけど、それはあまり意識しないようにしている。気にすると良いことないし」。あくまでも平常心での戦いを心掛けるつもりだが、「サクセスウェイトは30キロ。キツくないとは言えないけれど、50キロで勝ったこともある」ときっぱり。
 狙うは表彰台の真ん中だ。コンビを組むクインタレッリも、鈴鹿での大駆けを狙う。「岡山(開幕戦)で3位に入り、富士(第2戦)でも4位。クルマのコンディションは良いし、戦闘力も感じている。30キロを積むけど、十分に上位を狙えると思う」。開幕2戦の好調さを保ちながら、得意なコースで優勝争いに食い込む戦略だ。
 ただ、無理はしない。2015年以来遠ざかっているタイトルを再び手にするには、シーズン序盤は確実にポイントを積み重ねることに集中したいのが本音だ。「とにかく取りこぼしをなくして、終盤までランキング上位を維持したい。強いレースを続けたいね」。自身が持つシリーズ最多タイトル記録を、Zのデビューイヤーで「5」まで伸ばすのが最大の目標だ。目前の勝利にこだわりすぎて、失速だけは喫したくない。
 昨季まで鈴鹿を3連勝した日産GT-Rは、ダウンフォース(気流で押さえ付ける力)の強さを武器にテクニカルコースで強さを発揮した。今季から導入した新型Zは、課題だった最高速を伸ばしながらも、しっかりと伝統は受け継いでいるという。「まずは表彰台。チャンスがあれば4連勝を―」とクインタレッリ。いい感じで肩の力が抜け、快挙達成を強く予感させる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ