本文へ移動

【ミロ展】杉野遥亮の音声ガイドが話題 SNSでも「とっても幸せな時間でした」と称賛の声

2022年5月26日 16時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛知県美術館で開催中の「ミロ展」ナビゲーターで、音声ガイドにも初挑戦した俳優の杉野遥亮

愛知県美術館で開催中の「ミロ展」ナビゲーターで、音声ガイドにも初挑戦した俳優の杉野遥亮

 名古屋市東区の愛知県美術館で7月3日まで開催されている現代スペイン美術の巨匠ミロを紹介する「ミロ展―日本を夢見て」。展覧会のナビゲーターで、人気俳優の杉野遥亮(26)が音声ガイドに初挑戦している。その声を求めて来場するファンも多く、SNSでも「杉野くんの音声ガイドを聞きながら絵を鑑賞できるなんて、とっても幸せな時間でした」などの声が相次いでいる。
 モデル出身で185センチの長身の杉野。俳優としても話題作に次々と出演し、来年度のNHK大河ドラマ「どうする家康」ではチーム家康の一員・榊原康政を演じることが決まっている。
 民芸品を所蔵するなど日本文化への造詣が深かったミロについて「親近感が沸く」と印象を語っていた杉野。音声ガイドの収録を終えて、「リアルな質感や色を感じ、込められたエネルギーを自分に取り入れたい。ミロという人を知り、作品に触れることで何かを感じてほしい。音声ガイドでその手助けができれば」と思いを寄せた。
 音声ガイドは入場券とは別に600円(税込み)で貸し出される。詳しくは公式ホームページで。
 音声ガイド収録の様子は、東京会場のbunkamuraザミュージアムのYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=fgjd8mBd5Jo)で

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ