本文へ移動

【中日】岡林勇希が内野守備練習 早出で荒木コーチから指導

2022年5月26日 13時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
荒木内野守備走塁コーチ(左端)がトスしたボールをキャッチする中日・岡林(右)。中央は石川昂

荒木内野守備走塁コーチ(左端)がトスしたボールをキャッチする中日・岡林(右)。中央は石川昂

 中日の岡林勇希外野手が26日、西武戦(バンテリンドーム)の試合前に内野の守備練習に取り組んだ。
 早出で石川昂とともに三塁ファウルグラウンドで、腰を落とした状態でのフットワークを確認。荒木内野守備コーチがトスしたボールの捕球を繰り返したほか、三塁の位置で同コーチのノックも受けた。
 3年目の岡林は、昨年の秋季キャンプで二塁守備に挑戦。今年の春季沖縄キャンプ中の練習試合では、代打から二塁守備に就いた。今季は開幕スタメンをつかみ、46試合に出場して打率2割6分2厘で7打点。チームトップの7盗塁をマークしている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ