本文へ移動

ビーチバレー「優勝を」 金沢出身・倉坂選手 意気込み

2022年5月26日 05時05分 (5月26日 10時51分更新)
今シーズンが開幕し意気込む倉坂正人選手(左)=金沢市役所で

今シーズンが開幕し意気込む倉坂正人選手(左)=金沢市役所で

ジャパンツアー開幕を報告

 三日に開幕したジャパンビーチバレーボールツアー(BVT1)に出場している金沢市出身の倉坂正人選手(32)が二十四日、金沢市役所を訪れ、村山卓市長に開幕を報告した。
 倉坂選手は金沢市北鳴中学校、県立工業高校、早稲田大を卒業し、三菱オートリースを経てフリーのプロ選手として活躍している。八歳からバレーボールを始め、実業団で活躍した後、社会人五年目からビーチバレーに転向した。東京五輪の日本代表チーム決定戦で準優勝もし、パリ五輪出場を目指している。倉坂選手は村山市長と懇談し「活躍して、金沢に明るいニュースを届けたい。残りの試合は全て優勝したい」と意気込んだ。(鈴木里奈)

関連キーワード

おすすめ情報