本文へ移動

山本は漫画「鬼滅の刃」でリフレッシュ、青汁で健康維持…本業ではオリ山本に相談しフォーム改造

2020年4月16日 13時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 中日・山本拓実投手(20)が15日、代表取材に応じ、最近の取り組みやリフレッシュ法を明かした。野球では開幕まで時間があることを利用しフォーム変更をしている一方、空いた時間では漫画を読んでおり、大流行している「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」は全巻読破したという。チームはこの日、1軍が4班に分かれて自主練習。山本はブルペンで約50球のピッチングをした。
 外出自粛が続く今、大事になるのは空いた時間の過ごし方。なるべくストレスをためないよう、効率良くリフレッシュするため、山本はいいアイテムを見つけた。
 「最近はけっこう、漫画を読んでいます。この間までは『鬼滅の刃』にはまってました」
 舞台は大正時代。鬼と化した敵などを人間に戻すために戦うストーリー。週刊少年ジャンプで2016年から連載中で、単行本も19巻まで刊行されている人気漫画だ。
 「もう最新号まで読み切っちゃっいました」という山本は、06年から17年まで週刊少年マガジンで連載された単行本全63巻の「FAIRY TAIL」も読み切ったという。「今は新しいのを探しているところです」と言う。
 一人でも上手にリラックスしながら過ごす右腕は、新たな健康法にも取り組んでいる。
 「朝に青汁を飲み、夜ご飯の後にとうもろこし茶を飲むのを新しく始めました。青汁はCMとかでも体にいいとやっているし、とうもろこし茶は食物繊維が豊富に含まれているそうです」
 体にいいと言われることに積極的にトライし、健康維持に務めている。
 野球ではフォーム改造に着手。「より右手でボールに力を与えて加速させる時間を長くすることをテーマにやっています」。親交のあるオリックス・山本を参考に、電話やLINEで話を聞いたりもするという。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ