本文へ移動

中日・高橋宏斗、援護なく3敗目 “山賊打線”から8奪三振2失点の力投も西武山川の豪快弾にぼう然

2022年5月26日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
西武に敗れ、ベンチでうなだれる高橋宏

西武に敗れ、ベンチでうなだれる高橋宏

◇25日 中日1-2西武(バンテリンドームナゴヤ)
 連敗ストップを託された高橋宏が、腰に手を当てたまま立ち尽くした。1点リードの2回だ。心待ちにしていた西武の4番・山川との初対戦。左中間へ豪快に同点ソロをたたき込まれた。交流戦デビューは粘って6イニングを4安打2失点。援護なく3敗目を喫した。
 150キロ台の直球でインコースも突いて追い込み、決め球にスプリット。戦前、山賊打線封じの青写真を描いた。「外一辺倒になると、踏み込んでスタンドまで簡単に運ばれてしまうので、インコースは見せていくと思います。真っすぐの調子がいいので、スプリットも良くなっています」
 山川を要警戒し、強気に打ち取るのはイメージ通り。ただボールゾーンまで落ちきらなかった1球を見逃してはもらえない。本塁打と打点でパ・リーグ2冠スラッガーの地力を痛感。それでも、気落ちせずにしっかりやり返して意地は見せた。続く4回の打席は外角高め直球で二ゴロ。最速154キロの直球でグイグイ押して、自己最多タイの8奪三振。19歳の力勝負は山賊をたじろがせた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ