本文へ移動

中日・鵜飼、コロナ復帰から連日の躍動…犠飛&プロ初盗塁「先制点を取れてよかった」

2022年5月25日 22時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏無死三塁、鵜飼が中犠飛を放つ

1回裏無死三塁、鵜飼が中犠飛を放つ

◇25日 中日1-2西武(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の鵜飼が初回に先制の犠飛を放った。1回無死で中越え三塁打の岡林を三塁に置いてきっちりと中犠飛。チームに7試合ぶりの先制点をもたらし「ランナーをかえせて、先制点を取れてよかったです」と振り返った。
 3回にはプロ初盗塁を決めた。3回2死でフルカウントから四球を選んで出塁すると、続く大島の初球にスタートを切り、盗塁成功。24日に新型コロナウイルス陽性から1軍復帰して本塁打を放った背番号4が、復帰2試合目も打って走って躍動した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ