本文へ移動

【阪神】大山が先制ソロ「変化球を一発で仕留めることができた」甲子園では今季2本目

2022年5月25日 19時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・大山

阪神・大山

 ◇25日 阪神―楽天(甲子園)
 阪神が大山悠輔内野手(27)の7号ソロ本塁打で先制した。2回先頭、カウント2―2から楽天先発の左腕・辛島の119キロの緩い変化球を振り抜いた。
 「打ったのはチェンジアップ。早い段階で点を取って、(西)純矢を援護したいと思っていましたが、浮いてきた変化球を一発で仕留めることができてよかったです」
 「8番・投手」で先発した西純矢投手(20)に早々と1点リードを運ぶ一撃。大山は24日も両チーム唯一の得点となるタイムリーを楽天・田中将から放っていた。また、甲子園では4月8日の広島戦以来、今季2本目のアーチだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ