本文へ移動

大谷翔平、イタタ~な打席続き…死四球で出塁

2022年5月25日 12時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
レンジャーズ戦の1回、ファウルを打った際、振り切ったバットが後頭部を直撃するエンゼルス・大谷(AP)

レンジャーズ戦の1回、ファウルを打った際、振り切ったバットが後頭部を直撃するエンゼルス・大谷(AP)

◇24日(日本時間25日)MLB エンゼルス―レンジャーズ
 エンゼルスの大谷翔平選手が3試合連続の「1番・DH」で出場。序盤は痛ててな打席となった。空振り三振に倒れた1回の打席では、ファウルを打った際に振り切ったバットが勢い余って自分の後頭部を直撃してしまった。首をすくめ、思わず天を仰いだ。
 3回の2打席目は内角低めの初球をかわそうと腰を引いたが、右のつまさきを直撃する死球でこれまた痛いをするハメに。
 相手先発の右腕ダニングは、試合前まで12打数1安打、2四球、4三振と分が悪い。苦手克服に燃えていたが、4回は四球。あと1本で、メジャー4度目のシーズン2桁本塁打に達する大谷。中盤以降にかける。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ