本文へ移動

国の研究費支援、特定の教授らに集中 「10件以上掛け持ち」6%

2022年5月25日 05時05分 (5月25日 11時00分更新)
 国が大学教授らの研究開発を支援する「競争的研究費」に関し、特定の研究者がいくつも掛け持ちして受給している実態が、財務省の調査で明らかになった。対象となる研究課題を十件以上抱える研究者が全体の6%に上り、顕著な例では一人で三十件も兼務していた。財務省は研究に費やす時間に比べて過大な支援が行われている疑いもあるとみて、配分の妥当性や効果を検証する体制の強化を求めている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報