本文へ移動

徳川三代に迫る 久能山でロケ、ゆかりの地巡り素顔探る

2022年5月25日 05時05分 (5月25日 09時47分更新)
権禰宜の海野貴嗣さん(右)から解説を聞く加来耕三さん(中)と中西悠理さん=静岡市駿河区の久能山東照宮で

権禰宜の海野貴嗣さん(右)から解説を聞く加来耕三さん(中)と中西悠理さん=静岡市駿河区の久能山東照宮で

 徳川幕府二百六十年の礎を築いた徳川家康、秀忠、家光。三人のリーダーの素顔とは−。ゆかりの地を巡る番組「偉人・素顔の履歴書スペシャル 徳川三代」が六月二十五日午後八時から、BS11で放送される。久能山東照宮(静岡市駿河区)で二十四日にロケがあり、番組MCたちが家康公の晩年の物語に迫った。 (佐々木勇輝)
 番組では、岡崎城(愛知県岡崎市)や日光東照宮(栃木県日光市)も訪れ、三人の人柄や趣味、健康の秘密にも焦点を当てていく。
 今回のロケでは、MCのキャスター中西悠理さんと歴史家の加来耕三さんが、権禰宜(ごんねぎ)の海野貴嗣さんに案内されながら観光客でにぎわう境内を散策。大きな石段に苦労しながらも、緑に囲まれる荘厳な建物に感激していた。中西さんが「どうしてこんな高いところに」「全国の東照宮でどんな立ち位置」などと尋ね、権禰宜の解説に耳を傾けた。
 初めて久能山を訪れたという中西さんは「家康公が世の中を見守ってくれている感じがする」と感動した様子。加来さんは番組の見どころを「過去に学び、未来をどう生きるかも考えられる」とアピールした。
 番組はアンテナを設置するなど、BS放送が視聴可能であれば無料で観ることができる。

関連キーワード

おすすめ情報