本文へ移動

福留孝介が恩師・中村順司さんの前で犠飛 今季初Hお預けも「最低限の仕事ができてよかった」【中日】

2022年5月24日 22時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏1死三塁、代打福留が中犠飛を放つ

8回裏1死三塁、代打福留が中犠飛を放つ

◇24日 交流戦 中日5―8西武(バンテリンドームナゴヤ)
 大阪・PL学園高出身の福留が、元同校監督の恩師、中村順司さん(75)の前で犠飛を放った。中村さんは試合前に始球式を務めた。
 4点を追う8回1死三塁で西武の4番手・宮川の初球をたたいてチーム5点目をたたき出し「最低限の仕事ができてよかった」とコメントした。
 球界最年長の45歳。今季25打席目でマークした4月30日・広島戦(バンテリン)以来となる打点。次こそ、今季初のHランプをともしたい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ