本文へ移動

守護神・大勢「いつものように相手に向かっていく気持ちで」17セーブ目【巨人】

2022年5月24日 21時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回に登板した巨人・大勢

9回に登板した巨人・大勢

◇24日 交流戦 巨人4―2オリックス(東京ドーム)
 巨人の守護神・大勢が2点差の9回に登板して1イニングを無失点に抑え、今季17セーブ目を挙げた。
 先頭・杉本には、2ストライクからの3球目に投げたフォークが高めに浮き右前打されたが、後続をしっかり抑え「いつものように相手に向かっていく気持ちでマウンドに上がりました」。
 自身初となった交流戦をこう振り返った大勢は「先頭打者の勝負球が浮いてしまったところはなくさなければいけません。反省して次につなげます」と胸に刻んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ